「装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端」を観た

5年に1回ぐらい、炎のにおいにむせたくなり、装甲騎兵ボトムズを見返す。

今また、むせかえっている真っ最中だ。テレビシリーズを見終えた勢いで「赫奕たる異端」全5話を見終わった。

第1話 回帰

第1話 回帰

  • 発売日: 2017/08/18
  • メディア: Prime Video

眠りは質量のない砂糖菓子

「赫奕たる異端」はボトムズファンからは賛否両論らしい。
ラブストーリーとしてはとても美しく、悲しく、私はけっこう好き。愛はいつか終わるからこそ美しい。
しかし邪魔したヤツはたとえ全宇宙が拝める宗教組織でも許さない。いつものように硝煙と爆炎、ローラーダッシュで殴り込むキリコ。
全5話と適度な尺の長さ。宗教組織の内幕と陰謀、触れ得ざる者キリコとの関係を描くことに時間を割いており、派手さはないが重厚な脚本だ。音楽もいい。

我も行く 焼けた大地に孤影を踏んで

ボトムズといえば次回予告。ある意味本編より大事。小学生のころ、ダグラムの後番組としてスタートしたなんだか暗いアニメの次回予告で銀河万丈が「来週もキリコと地獄につきあってもらう」と語って以来、「ボトムズの次回予告」という美しい詩に夢中だ。
テレビシリーズからOVAまで、ボトムズには数多くの次回予告があるが、「赫奕たる異端」の次回予告はどれも出来がいい。切れ味鋭く、何度も繰り返し聞いてしまう。

孤影再びもいい

「赫奕」の続き、映像作品としてはシリーズ最新の「孤影再び」は文句なく面白い。CGのATは「ペールゼンファイルズ」「幻影偏」を経てようやく違和感なく、そしてめちゃカッコよく動く。物語は相変わらず救いがない。

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び

  • 発売日: 2017/08/18
  • メディア: Prime Video
で、検索したら幻影偏の続きが小説でスタートしてるのを今知ったのでこれから読もうっと。
webnewtype.com
webnewtype.com