読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

身体作りは時間確保が肝要 TaskChuteでタスクを管理して日常を変える!

TaskChute

身体作りは時間確保が肝要

身体作りにおいては、筋トレの時間とともに、栄養補給のための自炊時間、さらに睡眠時間の確保が大事だ。

きちんと仕事をこなした上で、それらの時間を確保していくには、うまくタスク管理をする必要がある。

でも、特に土日は疲弊してしまってダラダラしがち。掃除したり洗濯したり酒飲んだりで、時間が過ぎていく。

この状況、なんとかしないとな。

ということで、以前から興味があったものの、なんとなくハードルが高い気がして手を出さなかった、TaskChute(タスクシュート)というタスク管理のためのツールを導入してみた。

機能を限定した無料版を何日か使ってみて、これは良さそうだということで、有料版のTaskChute2を購入した。

TaskChuteでタスクに要する時間を計るだけで日常が変わる!

f:id:kenkonken:20150323082355p:plain
TaskChute2はExcelのファイルで、こんな画面。
これは昨日のタスクがすべて完了した際のもの。

タスクを記録していって、それにどのくらいの時間を要するか見積もり、実際にどのくらいの時間がかかったか記録していく。

タスクは繰り返しを設定できるので、記録すればするほど、タスクの見積もりの精度は上がっていくはず。

当初は、なにも記録が無いので、一つ一つのタスクの時間を計っていくことになるが、これがとてもおもしろい。

「時間を計っている」と意識するだけで、寄り道をせず、集中してそのタスクを完了させることができるようになった。

また、めんどくさいと思っていた作業が、実際には数分で終わることがわかると、「この作業は4分で終わるからやってしまおうか」となる。

実際に、鶏胸肉を仕込んでフライパンに投入するまで、4分で済んでしまうのだ。それがわかってしまうと、面倒は面倒だが、着手しやすい。

すべてのタスクをTaskChuteに記録すると、今日は何時に寝ることができるか、わかるようになるはずで、これは結構すごいことではないか。

特に、休日の家事の消化に大きな効果がある。
休日はダラダラダラダラしてなんとなく筋トレして酒飲んで終わり、というパターンが多いんだけど、昨日の日曜日はTaskChuteで管理してみたらすごい勢いでタスクが片付いていく。

昨日はTaskChuteのヘルプや使いこなしのウェブサイトなどを参照しながらだったので、けっこう時間を食ったが、そのへんの理解が進んで、きちんとルーチン化できれば大きな効果があるはずだ。