読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

4分で鶏胸肉が調理できることがわかると何が変わるか?

TaskChute

TaskChuteを導入してみよう

日々のやるべきことや、やりたいことをどうやって実行していくか。
これは、仕事をこなしていく上でも、身体作りの視点からも、とても重要だ。

何らかの仕組みを持たないと、すぐに破綻してしまう。

これまで「紙に書く」、という方法でなんとかしてきたが、ITの力で効率化したいな、という思いもあり、TaskChuteを何度か試してきた。

一つのタスクにどれくらいの時間を要するかを見積もり、それを積み重ねていって今日のやるべきことが何時に終わるのか推測する、というこの手法は、とても合理的だし、ここまでしなければ「時間を作る」ということはできないのではないか。

今まで導入しようとして何度も失敗してきたのは、おそらくはこのツールで完璧にタスクを管理しようとしたからだ。

このツールはExcelのファイルなので、外出の多い僕の仕事だと、全てのタスクを管理するには無理があるような気がする。

そこで、今回はできることからTaskChuteで管理してみよう、と考えた。

家事からはじめる

TaskChuteで管理しやすいのは、家事だ。家事は自宅でやるものだから、PCを常に起動しておける。これからやることと見積もり時間を記入し、実際にやってみて、実績を記録していけばいい。

これを繰り返せば、どの作業にどれだけの時間を費やしているのか見えてくるし、そもそも「時間を計っている」というだけでその作業に集中できる。

で、様々な作業の時間を計ってみると、とてもおもしろいことがわかる。
たとえば、僕は鶏胸肉の調理がとても億劫だ。なにをやっているのか列挙すると、

・パックから肉を取り出す
・皮を剥ぐ
・フライパンにココナッツオイルを投入する
・鶏胸肉を並べる
・塩を振る
・火を付ける
・キッチンタイマーをセットする

ということになる。このあと、タイマーが作動したら鶏肉を裏返したり、火を消して冷ましたり、切ってタッパに詰めたりする作業もあるが、とにかく作業をスタートしてしまえば、あとは流れに乗れる。始めるまでが面倒だ。

では、この面倒な作業に何分費やしているのか。

計ってみたら、4分だった。

たった4分!? それだけ!?

4分で鶏胸肉が調理できることがわかると何が変わるか?

これがわかると、鶏胸肉を調理するまでの心理的ハードルが低くなる。4分で済むからやってしまおうか、と。

調理に限らず、あらゆるタスクでこの「所要時間」が明らかになると、今日は何時に仕事が終われるか、何時に寝れるかが明確になり、モチベーションも上がるはずだが、いきなりそこまでのレベルを求めると破綻するので、まずは家事からやってみようということで、いろいろな家事の所要時間を今計っているところです。