読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

2015/02/19木 背中に効かせるデッドリフトのためにフォームを改造した

昨日まで

今週は会食が多く、酒も増えた。
もう、あんまり酒飲みたくないわ。なんか、頭にもやがかかって、ボーッとしてる感じ。

酒が増えると、家事の時間が削られて、生活の質が下がる。それはもう、こうやってブログに記録付けてると一目瞭然だ。

今週末は家事をしっかりやって、リカバリしていこう。

食事1

f:id:kenkonken:20150220082307j:plain
10:59
いよかん。

食事2

f:id:kenkonken:20150220082309j:plain
13:11
雑穀入り食パン。野菜ジュース。

食事3

f:id:kenkonken:20150220082311j:plain
13:57
洋食屋でランチ。

食事4

りんご。プロテイン。

食事5

キウイ、プロテイン。

今日の筋トレ

f:id:kenkonken:20150220082313j:plain
デッドリフトとは一体、どの部位のトレーニングなのか。

前回もいろいろと考えてみたのだが。

背中に効かせたいのだが、大殿筋やハムに効いてしまう。なぜなのか調べてみたら、いつものフォームは下半身をねらったフォームのようだ。

そこで、背中を狙って、今日はいつもとちがうフォームでやってみた。

まず、バーが膝関節の上にくるようにセット。いつもは膝関節の下にしている。これは、膝より下は下半身の動員が大きく、背中には効きにくいのではないか、との仮説から。

デッドリフトの動作のトップに近づくほど、背中の動員率が上がるとすれば、可動域は狭くなるとしても、それでいい。扱える重量も増やせるし。

グリップは広め。そのほうが広背筋を狙いやすい気がした。

それから、バーの軌道。いつもより、身体の近くをバーが通るようにした。バーで膝をするぐらい。これにより、重心が爪先から踵側に移り、背中で引っ張る、ということをイメージしやすいようだ。

終えてみて、いちばん疲労を感じるのは脊柱起立筋だ。僧帽筋にもけっこうきてるかな。広背筋はさっぱり……

こういうのは、一度のトライではわかりにくい。特に背中というのはよくわからない。何度もやってみるしかないな。

食事5

ポンカン、プロテイン。
胃腸が疲れているので、夕食はこれでおしまい。
今日は酒も抜くことができた。

読んでくれてありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村