読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

掃除機を捨ててみる

コードレス掃除機を使うと、コードあり掃除機には戻れない

f:id:kenkonken:20141231185215j:plain
12月30日分の一日一捨として、掃除機を捨てることにした。
この一日一捨活動は、ものを減らすのが狙いなので、買い換えだと-1+1=0となり、ものは減らない。
だから、買い換えはカウントしないのだが、今回は新たな掃除機を買わないことにしたので、一日1捨にカウントした。

以下、掃除機を買い換えない理由など。

コードレス掃除機のバッテリーが寿命なので買い換えようとしたが

捨てるのは、4年ほど前に購入した、エレクトロラックスのコードレススティッククリーナー。
当時はかなり広いマンションに住んでいて、掃除が大変だったので、当たり前に掃除機を購入した。

現行の機種から、少なくとも見た目はあまり変わっていないかな。

スタンドが充電台になっており、置くだけで充電できるのでとても便利だ。

この掃除機はとても活躍した。持てば即、掃除をスタートできる。掃除することへのハードルが下がる。コードあり掃除機にはもう戻れなくなってしまった。

こういった掃除機は、一部を除いて、コードあり掃除機に比べ吸引力が弱い。このエレクトロラックスもそう。最近では、バッテリーが劣化したのか、床に落ちたパプリカのタネさえ吸い込めないこともある。

そして先日、掃除中に電源が落ちてしまうようになってしまった。バッテリーが寿命なのだろう。

買い換えるかと考え、電気店でダイソンとマキタを比較したりしていたが、ふとひらめいた。

「掃除機って、不要なのでは?」

こんな狭い部屋なら手で掃除すればいい

僕が今住んでいるのは、20平米弱の1Kマンションで、掃除機がけは、あっという間に終わる。たまに、100均で買ったクイックルワイパーもどきで、フローリングにワックスをかけるが、そんなに手間ではない。

だったら日常の掃除も、電気掃除機ではなくてクイックルワイパーでやればいいのでは? と考えた。これだけ狭い部屋だと、掃除機を置くスペースも惜しいのだ。

そんなわけで、12月30日に、粗大ごみの廃棄手続きを行った。因みに、今の住所に引っ越す前に市役所で市民カードを作っておいたんだけど、そのおかげで手続きは全てネットから行えた。

実は、掃除機を捨てて、クイックルワイパー(本物)と粘着テープローラーを購入したので、アイテム数としては増えてしまったんだが、コストや、所有することへのストレスは大幅に減ったので、一日一捨としてカウントしていいだろう、ということで。

クイックルワイパー

クイックルワイパー

クイックルワイパー ドライシート 40枚入

クイックルワイパー ドライシート 40枚入

クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート 16枚入

クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート 16枚入

クイックルワイパー ウェットシート 20枚入

クイックルワイパー ウェットシート 20枚入

激コロくん S (カーペットクリーナー)

激コロくん S (カーペットクリーナー)