食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

2014/12/30火 ダンベルフライの注意点をまとめてみた。1.寄せろ2.曲げるな3.底で伸ばせ

今朝の体重

82.7kgとなった。
昨日から1kg減。
ここまでは楽なことはわかってたが、これから減りにくいだろうな。

食事1

f:id:kenkonken:20141231102435j:plain
10:05
イチゴ、豆乳ヨーグルト、コーヒー。

食事2

f:id:kenkonken:20141231102437j:plain
11:15
オートミール、インスタントみそ汁、目玉焼き、鶏肉、豚肉、野菜、漬け物、ひじき。

食事3

f:id:kenkonken:20141231102440j:plain
13:09
りんご、豆乳ヨーグルト、、プロテイン。

今日の筋トレ

f:id:kenkonken:20141231102450j:plain
胸の日。
肘封印48日目。
高重量でベンチプレスしたいが、我慢。

肘への負担を避けるため、胸はフライをメインの種目にしているが、次の日に筋肉痛が来るときと来ないときがある。

フライは手を抜きやすいので、抜いてしまうと筋肉痛がこないんだろう。
そうならないように注意していることをまとめてみた。

1)肩甲骨をしっかりと寄せる
大胸筋のメニューはフライに限らず、これが基本だろう。肩甲骨をしっかりと寄せることができると、次の日に僧帽筋が軽く筋肉痛になることもあって、僧帽筋弱いんだな、とガックリする。

2)腕を伸ばす
てこの原理で、支点と重りの距離が長いほど、負荷は高くなる。手を抜いているときは、知らず知らず腕を曲げていることがある。
フライの最大重量は18kgなんだけど、これは僕にとってはかなり重いので、セットの後半はチーティングとして腕を少し曲げてるが、そうでないときは伸ばすことを意識している。

3)ボトムで大胸筋をしっかり伸ばす
バーベルを使ったメニューでは不可能な刺激を得ることができるので、ボトムでは「もう一伸ばし」を意識している。今のところ、18kgではボトムで伸ばしきるのが重すぎて怖い。16kgだと限界まで伸ばせる。

ということで、僕がダンベルフライで注意している点をまとめてみた。

これで今年の筋トレ収め。
来年は早くベンチプレスできますように。お願いしますマッスルの神様。

食事4

プロテイン、りんご1/2。

食事5

f:id:kenkonken:20141231102443j:plain
16:15
プルーンジュースとサンドイッチ。
所用で数時間、食べるヒマがないので補給しておく。

食事6

f:id:kenkonken:20141231102445j:plain
22:20
オートミール、インスタントみそ汁、刺身。
この刺身、見切り品ですごく安かったわ。

f:id:kenkonken:20141231102447j:plain
23:01
ちょっとだけ追加。
ローストビーフ、ローストポーク、とりささみ、野菜。

ローストビースは昼に作ったのを味見。うまくできた。

今回はタスマニアンビーフなんだけど、前に和牛で作ったときとは確かに味がちがう。和牛だと、噛みしめるほどにうまみが出てきて、いつまでも味わっていたいほどだった。

タスマニアンビーフはあっさりしていて、和牛ほどのうまみはない。不味いというわけではなくて、これはこれでありだろう。

読んでくれてありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村