食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

2014/11/30日 スクワットのボトムポジションを考える

食事1

f:id:kenkonken:20141201075849j:plain
コーヒーと豆乳ヨーグルト。

食事2

f:id:kenkonken:20141201075847j:plain
刺身、発芽玄米ごはん、インスタントみそ汁。

食事3

f:id:kenkonken:20141201075842j:plain
13:17
コーヒー、豆乳ヨーグルト、くるみ。

食事4

f:id:kenkonken:20141201075852j:plain
15:07
野菜、ローストビーフ、ローストポーク。

今日の筋トレ

f:id:kenkonken:20141201075854j:plain
18:15
脚の日。ワイドスタンススクワットをメインに。
スクワットほどフォームが難しい種目もないだろう。
ググってみると、様々なアドバイスを発見できるんだけど、最近意識しているのは「尻は下に落とすのではなく、後ろに引く」ということだ。

尻を後ろに引く、ということは、背中が地面に対して水平に近づいていく、ということになる。背骨のアーチを維持しつつ、バーベルをかついだままこれをやるのは、背中への刺激も強い。また、ボトムでは、脚の付け根周辺への刺激が強くなるようだ。

というか、スクワットのボトムってどこなんたろうね。僕は足首が硬いのか、普通にしゃがんでも、かかとを浮かせないと尻が足首に付かない。スクワットをやるときは、かかとにプレートを敷いているが、それでも尻をかかとにつけようとすると、かかとを浮かせないといけない。

ちょっと調べてみると、

・フルボトム・スクワット 完全にしゃがみこむ
・フル・スクワット 膝が地面と平行よりも深く曲げる
・パラレル・スクワット 膝が地面と平行
・ハーフ・スクワット ひざの角度が90度
・クォーター・スクワット ひざの角度が90度

という解釈でいいのか。今度、どこまで沈み込めているか、鏡できちんとチェックしてみよう。

一昨日(28日)にやった背中のメニューが、僧帽筋から肩甲骨の内側のあたりまで、えらく効いている。
特に、左側は痛くて首が回らない。触ってみると明らかに腫れているし、筋肉痛では無くて痛めてしまったようだ。
ここは、背中をハードに攻めるとすぐに痛めてしまうな。

食事5

プロテイン、パン。

食事6

f:id:kenkonken:20141201075856j:plain
19:46
野菜、ローストビーフ、ローストポーク。

明日は仕事だし、今日は飲まないぞ、と考えていたが、発泡酒500mlを飲んでしまった。
平日は飲まないぞ!

読んでくれてありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村