読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

能率手帳ゴールドとペンをどうやって持ち運ぶのか

先日購入した能率手帳ゴールドですが、来年の運用に向け、色々と考えています。

まずは、ペンをどうやって持ち運ぶのか。

書こうとしたらペン無いわ、というのは困る。

まずは、こうしてみました。

f:id:kenkonken:20141114065448j:plain
f:id:kenkonken:20141114065505j:plain
裏表紙に、ペンのクリップを引っかける。
ペンはカランダッシュです。
能率手帳にマッチする大きさです。
しかし。

f:id:kenkonken:20141114065520j:plain
クリップで挟んでいる部分に負荷がかかるのか、

f:id:kenkonken:20141114065550j:plain
f:id:kenkonken:20141114065601j:plain
数回、挟んだだけで革が傷みはじめています。
この方法はやめておくか……

f:id:kenkonken:20141114065401j:plain
で、ひとまず考えたのがこれ。
ペンを挟んで手帳を閉じ、

f:id:kenkonken:20141114065307j:plain
f:id:kenkonken:20141114065701j:plain
ゴムバンドで閉じるだけ。

これだと、手帳を開く際に、ゴムを外すというワンアクションが増えるのが難点ですね。
ペンが固定されているわけではないので、抜け落ちる可能性もあるし。

いっぽうで、ペンがしおり替わりになるので、開いてすぐ書ける、というのは利点です。

それにしても、手帳売り場が危険なシーズンになってきましたね。先日ふらっと本屋に立ち寄ったところ、手帳売り場ができていて、思わずトラベラーズノートを買いそうになってしまいました。ギリギリのところで思いとどまりましたが。能率手帳ゴールドがあるじゃないか、と。

トラベラーズノートは以前に使ったことがあって、僕にとっては使いにくい、という結論が出ています。手に持っても、机に置いても書きにくい、というのが致命的ですね。サイズ感、雰囲気などはとてもいいんですけどね。