読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

能率手帳ゴールドを衝動買いした件について

手帳術が大好き

先日、本屋をプラプラしていたら、手帳コーナーが設置されていました。

もうそんなシーズンなのか。そういえば9月も終盤だし、あっという間に年末だな。

そんなことを思いつつ、積んである手帳を手に取り、パラパラとめくってみたり。

手帳術とか、ノート術とかの類が大好きで、そういった書籍や雑誌があれば、買い込んで何度も目を通してきました。

普通の人間に普通でない手帳術はいらない

社会的な成功を収めたカリスマ的な著者が、自己実現のためのツールとして手帳の使い方のノウハウを公開する。手帳術の本は、そういった色合いが強いです。

手帳好きな人間は、そういった話にとても惹かれます。で、著者の手帳のまねをしてみるわけですが、しばらくして気付きます。なんか違うな、と。

壮大な夢を持ち、それを実現するためにどのような努力も惜しまぬ人の手帳。それを、ごく普通の僕のような人間がまねしても、当然、空回りするだけなんですね。

それに気付かせてくれたのが、この本です。能率手帳の流儀。

能率手帳の流儀

能率手帳の流儀

僕は最近、引っ越しが多くて、荷物を減らすために持っている本のほとんどを裁断して電子化したのですが、そうしたくない本は、選りすぐって残し、本棚に並べています。この本はその選りすぐったうちの一冊です。

この本は、熱いんですよね。著者が熱い人なんでしょう。

最もカッコいい手帳

手帳の使い方も熱い。

お気楽営業マンが“手帳の達人”になった理由 - 誠 Biz.ID
たとえば上記リンクに著者の手帳の使用例が載っていますが、なんてかっこいいんだろろう、とほれぼれします。何度見ても。

と、「能率手帳の流儀」を思い出しつつ、能率手帳ゴールドをいじくりまわしていたら、いつのまにか買ってました。

f:id:kenkonken:20140923222120j:plain

高かった。……もう手帳は買うまい、と思ってたのに。なにに使うのかもよくわからんのに。

僕は手帳好きだという割には、一冊の手帳を一年間通して最後まで使ったことがないのです。いつも、夏が来る前には手帳を放置してGoogleカレンダーを使っていたり。そこからまた手帳に戻ったり。

しかしまた買ってしまうとは。しかも能率手帳ゴールドを。普及版は何度か買ったことがありますが、ゴールドははじめてです。

というか、今はブランド名を「NOLTY」と改めたんですね。ノルティ。……「能率手帳」の名称が残っているのは、いわゆる普及版とゴールド、それにそれぞれの小型版のみのようです。

こういうことに使いたいな、という構想は固まりつつあるのですが、もう一度「能率手帳の流儀」を読んで、じっくりと考えてみるとします。

3121 NOLTY能率手帳ゴールド(黒)

3121 NOLTY能率手帳ゴールド(黒)

3111 NOLTY能率手帳ゴールド小型(黒)

3111 NOLTY能率手帳ゴールド小型(黒)

能率手帳の流儀

能率手帳の流儀