食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

2014/08/21木 怒らず、食べることに集中してみる

今朝の体重

81.75kgとなった。

朝食

カフェオレ。

昼食

f:id:kenkonken:20140822065529j:plain
13:39
時間が無くてこんなので。

間食

喫茶店にてパンとアイスコーヒー。

間食

筋トレ前に植物性混合プロテイン。

今日の筋トレ

f:id:kenkonken:20140822065531j:plain
100kgに挑戦してみたが、今日は上がらなかった。
上がったり、上がらなかったりしながら、ちょっとずつ慣れていくんだろう。

慣れといえば、ベンチプレス→インクラインダンベルプレス→インクラインダンベルフライ、というこの胸のメニューに、すでに慣れ始めていることに気付いた。なんだか義務感でやっているのだ。

特に、インクラインダンベルプレスは、「下手すると怪我するぜ!」という危機感があり、緊張しながらやっていたはずなんだが、今日は淡々とこなせた。

来週から増量してみるかな。でもジムのダンベルは2kg刻みで重くなるので、次はいきなり26kgなんだよな。スタートポジションに持っていくだけでも一苦労な予感だが、やってみるか。

間食

植物性混合プロテイン。

夕食

f:id:kenkonken:20140822065535j:plain
22:55
最近、食欲を抑えがたいことが多い。
ブログの更新をさぼった日はたいてい、人様に見せるのが恥ずかしいぐらい食べてしまったからだ。

次の日が休みの晩なんか、延々と数時間、飲み食いしていることもある。
しかも、ポテトチップ食べたり、甘いもの食べたり。

なぜ急に、こんなに食生活が乱れたんだろう。
そこが不思議だったが、この本を読んで思い当たることがあった。

もう、怒らない (幻冬舎文庫)

もう、怒らない (幻冬舎文庫)

もう、怒らない (幻冬舎文庫)

もう、怒らない (幻冬舎文庫)

この著者の本は何冊も読んでいて、わかっているつもりだったんだけど、また僕は、刺激を得るための食事をしていたようだ。

怒る。他人への不平不満を頭の中でいつまでも回転させる。そんな状態で食事する。食べた実感が無いからまた食べたくなる。怒りのストレスのため、刺激の強い食べものが欲しくなる。

こんなこと、もう止めなければ!

今晩の食事は、できるだけなにも考えず、ただ食べることだけに集中してみた。パソコンもスマホも見ずに、注意して箸を動かし、食べものを口に運んで噛みしめる。

野菜ってのはそれほど味が強いわけではない。繊維をかみ切りながら、その微妙な甘さや苦さを味わうべく、集中する。

いつの間にか、またあの人やこの人のことが脳裏に浮かび、僕は怒ろうとする。それに気付いたら、再び意識を食事に戻す。

なんとか食事を終えた。いつもなら、上記の写真の量だけでは不足で、さらに冷蔵庫を漁り、コンビニに行ったりするのだが、今回は満足感があって、追加なし。

ごちそうさまでした。

読んでくれてありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村