読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

おれたちのタイ弾丸旅行記 その1

40歳をいくつか過ぎたというのに、まったく世界を見ていないことに気付いた僕は、友人のS君を誘って、タイに旅行に行くことにした。

22時過ぎに家を出て、忘れ物を思い出し一度引き返したりしながら、駅に向かった。雨が降り、雷が鳴っていたが、傘を差すのが面倒なのでそのまま歩いた。

品川に出て、京急で羽田国際で降りた。空港のカウンターでチェックインを済ませ、食事できるエリアをざっと見てみたが、高すぎるので先ほど通り過ぎたコンビニに戻り、牛丼を買い、近くのベンチで食べた。

周囲にはすでに日本人ではない人々が多く、これから海外に行くんだな、という実感が湧いてきた。

入国審査では、なにが悪かったのか、ポケットの中身を引きずり出され、靴を脱がされ、やっと許してもらえた。搭乗ゲートはかなり遠く、長い距離を歩き、たどり着くと、あとはただ待っているしかなかったが、決して退屈ではなかった。10数年ぶりの海外。ろくに英語もできないのに大丈夫なのか。そんなスリルのせいで、浮き足立っていた。

搭乗して、座席に座ると、また待つだけだった。ようやく飛び立ち、しばらくするとサンドイッチが配られ、ビールを一本頼んだ。

通路を挟んで隣の初老の男性が、座席三つを使って横になると、大きないびきを立て始めた。僕は耳栓を持ってきた自分をほめた。アイマスクをして、首枕をふくらましてセットすると、すぐに眠りに落ちた。

目が覚めたのは4時前だった。羽田発が00:20だから、4時間も寝ていない。もうすぐスワナプーム空港に到着するアナウンスがあり、そのとおりに飛行機は降り立ち、入国手続きを済ませ、同行者であるS君との合流地点、3階のスターバックス前へ向かった。

合流した我々は、シンプリーデリシャスというカフェでコーヒーをすすって時間をつぶした。まだ鉄道が動く時間ではないのだ。

6時を過ぎると、カフェには急に客が増え、我々は鉄道の駅へ向かった。

丸いプラスチックのコインのような切符を買い、パヤタイ駅でBTSに乗り換え、ナナ駅で降りると、今晩から2泊するホテルは目の前だった。荷を預け、スクンビット通りを歩き出した。狭い歩道は、バンコク市民に朝食を供する屋台のためにさらに狭くなり、歩道はガタガタで、ひどく歩きにくかった。焼き鳥の匂いはうまそうだったが、揚げ物の油の匂いは不快だった。色々な匂いが混じって、最後には生ごみのような匂いになっていった。

通勤時のためか、スクンビット通りには車があふれていた。トヨタとホンダが大半だった。バイクタクシーには長い行列ができ、大きな交差点にも信号はなく、ただ歩くだけでも危険に思えた。しかし、こちらのドライバーにはそういったことが折り込み済みなのか、かなり突っ込んだ横断をしても、クラクションを鳴らされることはなかった。

我々は、ほこりっぽい空気を避け、ひとまずカレーを出しているカフェに入った。注文した豚肉のカレーは、「スパイシー」といううたい文句のわりにはパンチがなく、日本のレトルトのハヤシライスのような眠さだった。具材の、皮が分厚いグリーンピースを噛んでみても、うまいものではなかった。

同行者が注文したグリーンカレーを味見してみると、パンチの効いたいい辛さだった。

再びBTSに乗り込み、ナショナルスタジアム駅で降りて、MBKセンターへ。どんなものが売られているのか、見物して歩く。S君がムエタイのショーツを値切っている間、向かい側のショップの虫の標本を見てみた。日本では見ることのない、図鑑でしか見たことのない虫だ。大きなムカデの標本もあって、この虫が死んだ後に、死骸を真っ直ぐにし、脚をきれいに揃えるのはさぞ大変だろうと考えた。

昼食は、MBK7階のタイスキにした。タイの鍋料理だ。スープが不自然に甘いのは、どうやら砂糖が入っているのだろうか。それほどうまいものではなかった。

あちこちを徘徊した我々は、サラディン駅の近くで、タイ古式マッサージを体験してみた。足だけ30分。棒やへらを使い、容赦なく足をこねくり回され、痛さに息を呑みながら、時間があっという間に過ぎ去り、歩き回って蓄積していた疲労が吹き飛んでいた。

少し腹が減った。スクンビット通りから少し路地に入ると、すぐに時間の流れが緩やかになった。いい雰囲気の食堂に入り、メニューを見て適当に注文した。

挽肉の炒め物はバジルとレモンによるさわやかな味付けが最高だった。タイに来て、やっとうまいものにありついた。

ビールを飲み、最後に恐ろしく安いマンゴーとパパイヤを平らげると、もう満腹だった。

いったんホテルに帰り、休憩しすると、夜だった。

洗面台の蛇口をひねっても水が出なかった。フロントに、これを英語で伝えるのは大変だ。洗面台の下をのぞき込むと、元栓らしいものがある。しゃがみこんで回すと、風呂と洗面台の蛇口から、勢いよく水が出た。顔を洗い、歯を磨き、再びしゃがんで元栓を閉じると、ベッドに入った。