読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

筋トレ野郎のタンパク源に最適! ローストポークを作ってみよう

マッスル・クッキング!



はじめに

おつかれさん!

身体作りのタンパク源、どうしてる?

プロテイン?

当然、飲んでるけど、基本は食べものからだよなあ。

鶏胸肉? ささみ?

基本だけど、たまには違う肉を食いたいよなあ。

パサパサで味がしない肉じゃなくて。「うん、肉だな!」って肉。薄切りとか小間切れじゃなくて、やはり塊だよね。

できるだけ大きな肉塊を、自分の歯とあごですりつぶして飲み込むんだ。

スーパーでいつでも入手できる肉塊となると、豚ロースかヒレあたりかな。牛は高コストだからパスしよう。

しかし、ああいったかたまり肉はフライパンではうまく焼けないのよね。

ということで、研究してみた。

電子レンジでかたまり肉を調理する

結果を言えば、かたまりの豚肉を手軽に調理するならローストポークしかない。電子レンジのオーブン機能を使えば簡単にできる。

バラ肉だと角煮という調理もあるが、当然ながらトレーニー的にはパスだ。

ググると様々な調理法があるが、できるだけ低温で、手抜きできるということを基準に、これを選んだ。

アメリカン・ビーフ&アメリカン・ポーク公式サイト:アメリカン・ポークの「120℃かんたんロースト」

豚肉に塩をすり込み、電子レンジにぶっ込んで60分。取り出してアルミホイルで包む。基本的にこれだけだ。

実際にローストポークを作ってみよう

1.電子レンジをオーブンのモードにして予熱する

f:id:kenkonken:20140531153005j:plain
設定温度は120℃だ。
レシピによっては温度はもっと高めだが、AGEの低減を期待して、できるだけ低温で調理したいのよね。

2.肉を下ごしらえする

f:id:kenkonken:20140531153514j:plain
これはレシピにはないが、除去できる脂肪は除去しておきたい。

けっこう面倒なので、脂肪がほとんどついていないヒレ肉で作る方が手間が省ける。

この後、塩をすりこむ。

「肌に粗塩をすりこんである!」

とかつぶやきながら。

3.天板にアルミホイルを敷き、肉を乗せる

f:id:kenkonken:20140531153755j:plain
レシピでは天板に水を張り、その上に網を乗せ、そこに肉を乗せることになっている。

しかし、金網が無いので、天板にアルミホイルを敷いて肉をセッティングしてみた。

水がポイントの一つらしいので、別途小皿に入れてレンジに入れてみた。

このへんで、予熱が完了したのでレンジに投入した。

4.焼き上がり

f:id:kenkonken:20140531164049j:plain
60分後、レンジから取り出したところ。

これまでに何度が作ったんだけど、水はいらないな。

5.アルミホイルで包む

f:id:kenkonken:20140531164602j:plain
余分な脂をキッチンペーパーで拭き取り、アルミホイルでくるむ。

最初からホイルをひいておくと簡単だし、天板も汚れない。

6.完成!

f:id:kenkonken:20140531173144j:plain
20分程度でできあがり。
断面はこんな感じ。

ちょうどいい火の通り具合だ!

フライパンで焼くと、火が通り過ぎて固くなってしまうのが難点だが、この調理だとそれがない。


f:id:kenkonken:20140531173408j:plain
こいつはうまそうだ……

食べてみよう!

f:id:kenkonken:20140531211136j:plain
いただきます!

今回はロースで作ったけど、ヒレ肉でもとてもうまくできあがる。

というか、ヒレ肉のほうがうまい。

フライパンで適当に焼くと固くなってしまうヒレ肉が、とても柔らかく仕上がる。

うまく作ったトンカツの衣を除去したような。わかりにくいか。

塩を多めにすり込んで、冷蔵庫で保管すれば日持ちするから、忙しい筋トレ野郎にもおすすめ!

読んでくれてありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村