食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

ハゲの生き残り戦術 その1 〜ハゲはじめたキミへ〜

はじめに

ハゲだって、モテたい。
白状すると、いつも「モテたいな」と考えている。
筋トレするモチベーションだって、半分くらい、いや、3分の2くらいはモテたいからだ。

しかし、現実は厳しい。非モテの3大要素「ハゲ、デブ、チビ」の筆頭に上げられるぐらい、ハゲは大きなハンデだ。
なんて重い十字架を背負わされてしまったんだろう。折れそうだよほんと。

いつだったか、「ハゲメン」がもてる、という記事を知り、期待を込めて読んだが、完全なネタだった。

やはりハゲは、嘲笑の対象だ。
嘲笑を回避したい。異性の恋愛対象から外されたくない。だからこそ、男たちはヅラをかぶり、植毛し、AGA治療に大金を投じるのだろう。

しかし、あえて嘲笑に頭皮をさらす道を選んだ男たちもいる。その挙げ句に、得られるものも確かにあるのではないか。スキンヘッド歴10年を超えた僕は、そう思うのだ。

真剣に相手してくれるセクシーガールも、たまには現れる。ぜいたく言うと、もうちょっと高頻度で現れてほしいんだけど。

町を歩いても、ジムにも、僕が勤める職場にも、若くしてハゲている男たちがいる。彼らは、自信なさげで、うつむきがちだ。

そんな彼らの肩を叩き、シェーバーを差し出し、こう言ってあげたい。
「剃ってしまいなよ。楽になるぜ」
参考↓
スキンヘッドに適したシェーバーを探せ! ブラウン VS フィリップス - 男一匹身体が資本

まあ、大きな御世話だよね。
でも、この記事はそんな気持ちを込めて書きました。
ついでに、堂々としたスキンヘッドの男たちが町に増え、ハゲが市民権を得る一助になればいいな、とも考えています。

ハゲはじめたらどうする?

残酷にも、20代からハゲはじめる男も少なくない。僕なんか、23歳ぐらいで「なんか髪が変だな」と感じて、あっというまにハゲた。

ハゲると、カツラや植毛という選択肢もある。僕も、ハゲはじめにどこかのカツラメーカーの治療院に通ったことがあるが、結局はカツラを勧められた(カツラメーカーの治療院とは、そういうところらしい)。

そのカツラは、ビックリするぐらい高額で、常時頭に付けるものだから頻繁にメンテするのでスペアが必要で、それでも汗の塩分のために数年で寿命となるという代物だった。僕は、治療院に通うのをやめた。

スキンヘッドしかない

禿げてくると、髪型の選択肢は少なくなる。いわゆる「バーコード」か、短髪にするか。
当然、短髪だ。

それでもどんどん禿げが進行する。30代はじめごろには、もう床屋に行く必要がなくなった。散髪するほどの髪が無い。
バリカンを買って、スポーツ刈り程度の長さに整えるだけでよかった。

で、ある日のこと。もう、こめかみから上のほうは、整えるほどの髪も無いことに気付いた。
ふと考えた。
「これ、剃ったらどうなるんだろう」
と。

金曜の晩を待ち、剃ってみた。なんで金曜の晩かというと、剃ってみて変なら、土日は家に引きこもれば、月曜には少しは髪が伸びるからだ。

僕はドキドキしながら、T字カミソリで頭を剃ってみた。
(続く)

読んでくれてありがとう!
クリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ブラウン シェーバー シリーズ7 790cc-6【HTRC3】

ブラウン シェーバー シリーズ7 790cc-6【HTRC3】

【正規品】 ブラウン クリーン&リニュー専用洗浄液カートリッジ(3個入) CCR3CR [HTRC3]

【正規品】 ブラウン クリーン&リニュー専用洗浄液カートリッジ(3個入) CCR3CR [HTRC3]