食事と筋トレを淡々と記録するよ

食事と筋トレを記録するだけのブログ

スキンヘッドに適したシェーバーを探せ! ブラウン VS フィリップス

はじめに

僕は頭を丸めています。30代前半からこのスタイルです。生えてこないので、これしかないのよね……

で、丸めるなら丸めるで、毎朝きっちり剃るように、心がけています。可能な限り、清潔に。
一日でも剃らないものなら、もう浮浪者ですよ。ジェイソン・ステイサムぐらいかっこよければ、ちょっとのばして、ついでに無精ヒゲもカッコいいんでしょうけど。
僕は、常につるつるの、ヴィン・ディーゼルをお手本としています。

剃るには、カミソリなども試してきましたが、朝の忙しい時間にさっと仕上げるには、シェーバーがいいです。そして、メンテに時間を食わない自動洗浄機付きが条件。これは一度使ったらもう後戻りできませんね。

シェーバーはこれまでに、フィリップス、ラムダッシュを使ってきました。
現在はフィリップスを使っていますが、これが老朽化してきたので、買い換えを検討しました。

3メーカーの洗浄システムの違い

自動洗浄機を備えたシェーバーでメジャーなところというと、ブラウン、フィリップス、ラムダッシュでしょうか。

このうち、ラムダッシュは候補から外しました。前に使っていたのですが、洗浄機の構造が複雑で、トラブルが多い印象があるので。

ラムダッシュは、洗浄剤カートリッジをセットし、さらに水タンクに水を入れてセットする必要があります。この水タンクが複雑な形をしており、恐らくは皮脂やヒゲくずがタンク内を循環して内部に付着し、取れなくなるのです。それ自体はシェーバーの機能にすぐには影響は無いとしても、洗浄システム内に汚れが残っているのは気持ち悪い。

また、最終的にはこの洗浄機から水漏れがするようになってしまい、買い換えとなりました。

次に買い換えたのはフィリップスですが、この洗浄システムはとてもシンプルで、トラブルはラムダッシュより少ないのではないでしょうか。

f:id:kenkonken:20131230175028j:plain
フィリップスの洗浄液は、ボトル詰めで供給されます。
写真左のカップに注いで、右の本体下部にセットして使います。
カップはいくらでも洗えます。

また、シェーバー本体の構造も、スキンヘッドのために適しているような気がします。

しかし、3年も毎日使っていると、ガタがきます。毎朝必ず使うので、少しのことでもストレスとなります。そこで、買い換えを検討しました。

ラムダッシュは避けるとして、またフィリップスにするか。それともブラウンにするか。

ブラウンの洗浄システムは、3メーカー中で唯一のアルコール洗浄ということで、興味があります。なによりも、僕はまだブラウンのシェーバーを使ったことがない! ならブラウンではないか! ということで、ブラウンにしました。

ブラウンシリーズ7を購入した

f:id:kenkonken:20131215223004j:plain
シリーズ7はブラウンのフラッグシップです。
7の中でもさらにヒエラルキーがあるのですが、剃る機能はまったく同じと店員さんが言ってたので、シリーズ7で最も安い750cc-7にしました。

f:id:kenkonken:20131215223113j:plain
能書き。

f:id:kenkonken:20131215223353j:plain
同梱品。

f:id:kenkonken:20131215223606j:plain
頭皮への追従性は、フィリップスに劣りそうですが、どうでしょうか。

f:id:kenkonken:20131215223414j:plain
電源ボタン。
その下、左右のスイッチでなんか調節できるそうですが、常に最強レベルで使っています。

f:id:kenkonken:20131215223642j:plain
ずんぐりで、フィリップより持ちにくい。

f:id:kenkonken:20131215223720j:plain
際剃り。

フィリップスと比較してみる

では剃ってみましょう。
ネットなどの書き込みから、
「ブラウンは深剃りだが肌へのダメージもある、フィリップスは肌には優しいが剃りも浅い」
という印象を勝手に持っていましたが、全然そんなことはなく、乱暴に言ってしまえば剃り味に大差はないでしょう。

頭皮への追従性ですが、これも心配するほどのことでもなく。

f:id:kenkonken:20131230175237j:plain

f:id:kenkonken:20131230175242j:plain
ヘッドが前後にぐりぐり動き、

f:id:kenkonken:20131230175315j:plain
左右にも少し動きます。

f:id:kenkonken:20131230175330j:plain
見た目の印象としては、フィリップスのほうが広い面積を効率よく剃れそうですが、実際にはあんまり変わらんな、と。

f:id:kenkonken:20131230175222j:plain
ブラウンの弱点は、持ちにくさでしょうね。本体がゴロッとしているので、握りにくい。

f:id:kenkonken:20131230175209j:plain
フィリップスはとても握りやすい。

また、フィリップスは円運動で剃るので、シェーバー本体を動かす方向をそれほど意識することがありません。

しかし、横方向で剃るブラウンは、髪の生えている方向を意識し、
「今こっちから剃ったから今度はこっちから剃って完了だな」
など考えながら剃る必要があります。
これがちょっと面倒かな。

一方で、フィリップスのほうが、どこから剃ってもなかなか剃れないくせ毛が多い印象があります。鼻の下とか、耳の上とか。

f:id:kenkonken:20131230175408j:plain
フィリップスの弱点としては、これ。
壊れて外れたわけではなく、元々外れる構造です。
そんなに簡単には外れないのですが、強く押しつけてしまって外れてしまう、ということがあります。また、際剃り刃を使うときには、外すことになります。で、付けたり外したりを繰り返すうち、バカになって外れやすくなってしまいました。これが買い換えの原因の一つでもあります。

洗浄機を比較する

f:id:kenkonken:20131215224419j:plain
ブラウンの洗浄機。スイッチを押すと写真のように本体下部が開きます。

f:id:kenkonken:20131215224513j:plain
ここに洗浄液カートリッジをセットし、

f:id:kenkonken:20131215224615j:plain
本体を押し下げれば準備完了。

f:id:kenkonken:20131215224815j:plain
作動中。

f:id:kenkonken:20131230174859j:plain
両社比較。
高さはそんなに変わりませんね。
フィリップスは、最終的には洗浄機においても充電されないことが多くなり、それも買い換えの原因の一つです。

ブラウンはどれほど耐久性があるでしょうか。
アルコール洗浄については、一ヶ月程度は使ってみて、また感想書きます。

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ
にほんブログ村

【正規品】 ブラウン クリーン&リニュー専用洗浄液カートリッジ(3個入) CCR3CR [HTRC3]

【正規品】 ブラウン クリーン&リニュー専用洗浄液カートリッジ(3個入) CCR3CR [HTRC3]